Cryptocurrency仮想通貨について

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネットを通じてモノやサービスの対価として利用したり、「円」や「ドル」などの法定通貨と取引所を通じて交換できるものです。
仮想通貨には「BTC」や「XRP」「BCH」「ETH」など多くの種類があり現在、世界で1,000を超える仮想通貨が存在します。

「円」や「ドル」との違いは?

「円」や「ドル」などの法定通貨は紙幣や硬貨の実体がありますが、仮想通貨は暗号データなので実体がありません。
法定通貨と異なり中央銀行・日本銀行などの公的な発行主体、管理者が存在しないのが大きな特徴です。

仮想通貨が注目される理由

仮想通貨はその仕組みから、技術の利用拡大や、利用シーンの拡大が注目されています。

1.世界共通であること

円をアメリカで使うにはドルへの交換が必要ですが、仮想通貨は世界で共通の価値をもっており、そのままどこでも使えます。
もしも法定通貨が過剰発行で急にインフレとなり法定通貨の価値が落ちても、仮想通貨の価値はそれに影響されにくいといわれています。仮想通貨取引には国境がないのです。

2.決済や送金のコストが安いこと、時間がかからないこと

仮想通貨は円をドルに交換するといった両替コストが必要ありません。
また、法定通貨を海外送金するには、法定通貨を保管している拠点を複数経由して送金する必要があり、手数料コストも時間もかかりますが、暗号データである仮想通貨には手数料コストも時間も大幅に短縮することができます。また、仮想通貨には実体がないため、保管コストも必要ありません。

仮想通貨への投資

色々な種類の仮想通貨には、それぞれの仕組みや特徴があり、また使用方法に違いがあります。
需要や利用が拡大すれば、仮想価値の価値は上昇します。
仮想通貨への投資は、上昇を見込んで値上がり益をねらったり、価格の変動が大きい場合は短期トレードで差益をねらったりすることができます。ただし、状況によっては値動きも激しいため取引リスクには十分にご注意ください。

SBIバーチャル・カレンシーズは取扱通貨の種類や、仮想通貨ならではのメリットを活かしたサービスを拡充し、仮想通貨の可能性を最大化するサービスをお客様にご提供していきます。

個々の仮想通貨について

XRP

XRPは金融機関の送金において法定通貨間のブリッジ通貨としてオンデマンドの流動性を提供するものとして設計されました。これによって金融機関は従来よりも格段に流動性コストを下げつつも送金先のリーチをグローバルに広げることができるとされています。

名称 エックスアールピー(XRP)
通貨単位 XRP
財産記録媒体 XRP Ledger
発行方法 2012年のネットワーク発足時に1,000億XRP全て発行済

リスク

価値変動リスク:

仮想通貨の価格が大きく変動することにより、損失を生じることがあります。
また、価格が急激に変動するため希望する価格で取引できない可能性があります。

サイバー攻撃のリスク:

オープンソースで分散されたネットワークであるXRP Ledgerはサイバー攻撃のターゲットとなりえます。現在のところサイバー攻撃対策のためのコード改善努力の結果、コードベースの変更やXRPの消失を伴うようなサイバー攻撃は発生していません。

流動性リスク:

注文が売りまたは買いのどちらか一方に偏り、取引が成立しないリスクがあります。

バリデーターのリスク:

信頼するバリデーターが意に反して結託した場合、台帳とデータは改ざんされる可能性があります。

ソフトウェア不具合のリスク:

ソフトウェアの不具合が問題を引き起こす可能性は否定できません。Rippleでは新しいバージョンがアップデートされる前に入念なQAを行っており不具合の可能性を最小化しています。XRP Ledgerはこれまで2,900万回以上、一度もフォークなどの大きな問題は経験することなく台帳を更新しています。

BTC

ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨です。
日本の実店舗でもビットコイン決済が広がってきました。
ビットコインはブロックチェーンを利用することで、国や銀行という管理者や仲介者を不要とし、技術面ではデータの改ざんを不可能としています。

名称 ビットコイン(Bitcoin)
通貨単位 BTC
財産記録媒体 ビットコインブロックチェーン
発行方法 最初にブロックを生成したマイナーと呼ばれる維持管理参加者に付与される形(報酬)で発行

リスク

価値変動リスク:

売り手と買い手の取引量および提示価格によって価格が刻々と変化します。

サイバー攻撃のリスク:

過去に、香港取引所bitfinexがハッキングを受け、取引所から7,200万ドルが流出した事例があります。

流動性リスク:

注文が売りまたは買いのどちらか一方に偏り、取引が成立しないリスクがあります。

決済完了性がないリスク:

ビットコインは、確定的に取引が成立したといえる仕組みがないことから、取引が遡って無効になるリスクがあります。

ハードフォークによる分岐リスク:

ハードフォーク(不可逆的な仕様変更)により仮想通貨が2つに分岐し、相互に互換性がなくなるリスクがあります。その場合、大幅な価値下落や取引が遡って無効になるリスクがあります。

51%攻撃リスク:

悪意ある者が仮想通貨発行済総数の51%以上を有した場合、不正な取引を意図的に配信するリスクがあります。

BCH

2017年8月1日にビットコインがハードフォークして誕生した通貨です。
ビットコインキャッシュはビットコインの機能を踏襲していますが大きな特徴として取引データを格納するブロックサイズのデータを拡大することによりビットコインが昨今取引量増加により抱えていたスケラビリティを解決すべく生まれました。

名称 ビットコインキャッシュ(BitcoinCASH)
通貨単位 BCH
財産記録媒体 ビットコインキャッシュブロックチェーン
発行方法 最初にブロックを生成したマイナーと呼ばれる維持管理参加者に付与される形(報酬)で発行

リスク

価値変動リスク:

売り手と買い手の取引量および提示価格によって価格が刻々と変化します。

サイバー攻撃のリスク:

ビットコインキャッシュは歴史が浅いこともあり、大規模な盗難事件等はまだありません。

流動性リスク:

注文が売り又は買いのどちらか一方に偏り、取引が成立しないリスクがあります。

決済完了性がないリスク:

ビットコインキャッシュは、確定的に取引が成立したといえる仕組みがないことから、取引が遡って無効になるリスクがあります。

ハードフォークによる分岐リスク:

ハードフォーク(不可逆的な仕様変更)により仮想通貨が2つに分岐し、相互に互換性がなくなるリスクがあります。その場合、大幅な価値下落や取引が遡って無効になるリスクがあります。

51%攻撃リスク:

悪意ある者がハッシュレート(マイナーの計算力)全体の51%以上を有した場合、不正な取引を意図的に配信するリスクがあります。

ETH

イーサリアムはビットコイン同様にブロックチェーン技術を活用した仮想通貨ですが、その特徴として、スマートコントラクトが挙げられます。イーサリアムにはエクスターナリー・オウンド・アカウント(EOA:Externally OwnedAccount)及びコントラクト・アカウント(CA:Contract Account)という2つの種類のアカウントを有し、通常の資金決済等はEOAにて、スマートコントラクトはCAにより管理できるように設計されるなど、スマートコントラクトのプラットホームとしての機能が当該仮想通貨の特徴となっています。

名称 イーサリアム(Ethereum)
通貨単位 Ether(ETH)
財産記録媒体 イーサリアムブロックチェーン
発行方法 プルーフオブワークの仕組みにより、イーサリアムブロックチェーンの維持管理に参加するものが、ブロック生成に必要な、およそ15秒間で発見可能な難易度に調整され、かつ完全に確率的で計算コストの掛かる特定のナンス(nonce)を見つけ、イーサリアムネットワークに伝播することをもって、維持管理参加者が指定するアドレスに対してプロトコルから付与される。

リスク

価値変動リスク:

売り手と買い手の取引量及び提示価格によって価格が刻々と変化します。

サイバー攻撃のリスク:

2016年にEthereum上に構築されたスマートコントラクトであるThe DAOの脆弱性を突かれた当時の時価で2億円相当のETHが不正流した事例が存在します。

流動性リスク:

注文が売り又は買いのどちらか一方に偏り、取引が成立しないリスクがあります。

決済完了性がないリスク:

イーサリアムは、確定的に取引が成立したといえる仕組みがないことから、取引が遡って無効になるリスクがあります。

ハードフォークによる分岐リスク:

ハードフォーク(不可逆的な仕様変更)により仮想通貨が2つに分岐し、相互に互換性がなくなるリスクがあります。その場合、大幅な価値下落や取引が遡って無効になるリスクがあります。また、ハードフォークの結果発生する新規コインを、諸般の事情によって、お客様に提供できない可能性があります。

51%攻撃リスク:

悪意ある者がハッシュレート(マイナーの計算力)全体の51%以上を有した場合、不正な取引を意図的に配信するリスクがあります。